合コンで気まずくならないために。話題を作る方法を紹介します

合コンでの会話が超盛り上がる!明日から使える鉄板トークまとめ

▼MENU

合コンで気まづくならないように話題を作る方法



合コンを進行していると、最初の頃は自己紹介などで会話が弾んでいたのに、ネタがきれてきて気まずい空気が流れてしまう事もしばしば。これではせっかくの合コンが台無しに・・・。

ここでは、合コンで話題がつきた時に話題を作る方法を紹介してきます。


もう一度自己紹介



合コンの一番最初に自己紹介するのはセオリー通りですが、話題がつきてしまった時にもう一度自己紹介するのも一つの手です。もちろん最初に言っているはずの名前や年齢などの話ではなく、少し掘り下げて話をするのが重要です。

例えば今までつき合った人数とか、どこの携帯を使っているか。などなど、なんでもいいんで会話に結びつけてしまいましょう。


仕事の話をする



一般的に合コン中に仕事の話をするのは嫌われる。とされていますが、それはあまりにもしつこく『この前上司に楯突いてやった』的などうでもいい話題だった時の話で、業界についての裏話とかだと逆に盛り上がる事があります。

もちろん自分の仕事の話ばかりではなく、『○○くんの仕事はー?』『××ちゃんは仕事なにしてるの?』みたいに全員に話題をふる事でその場が盛り上がります。


趣味の話をする



例えばスノボが趣味の場合、スノボに関する情報を相手に伝わるように話ます。しかし、どこの板がいい!この技が〜などといったあまりにも専門的な話題の場合だと逆効果なので、あくまでも軽く触れる程度にしておきましょう。

相手が興味を持てば『今度一緒に』という風にも持っていきやすいですしね。


過去の恋愛話をする



人間誰しも人の恋愛事情が気になるものです。芸能人の熱愛がニュースで大きく取り上げられている事を考えればわかりますよね。なので、過去に恋愛で失敗した話をすれば盛り上がる事間違いなし!

ただし、あまりにも過去の恋愛がブラックなものだとどん引きされる可能性も否めないので、そのような場合はご注意を!それと『俺(私)モテるんだ!』アピールは絶対にやめておきましょう。うっとうしいです。


ちょっとだけ掘り下げて会話してみる



合コンで仲良くなれた場合にのみ通用する話題ですが、少しだけ掘り下げた話をすれば場の空気が一気に回復するかもしれません。

例えば『今財布に入っている所持金暴露』『今までの経験人数』などなど、普通では聞く事のできない話題に触れてみるのも面白いかもしれません。


スマホに助けを求める



決して気まずいからスマホをいじるのではなく、スマホで情報を収集して話題を探す。という上級テクニック。

例えばフェイスブックやTwitterで流れている話題の情報を見つけて、これ見て!とそこから話題を広げていけばいいんです。なかなか難易度は高いですが、どうしようもない時は試す価値ありです。